検索

たまにの暮らし‐tamany‐

人生いろいろ ぼちぼち生きましょう

タグ

臨床心理

交流分析5

7.人生脚本の分析

交流分析では、人生を「一遍のドラマのようなもの」と理解し、皆自分なりの脚本を持っていて、その脚本に書かれている役割に基づいて、人生という舞台で演じている、と考えています。

そして、この人生脚本とは「無意識の人生計画」であり、私たちの幼児期の幼児決断によって人生脚本テーマが決定されていくのです。

そして、人間は人生の重大な岐路に立たせられる時、この脚本に基づいて決断をしていきます。

交流分析20 交流分析21 “交流分析5”続きを読む

交流分析4

6.心理的なゲームの分析

心理的ゲームとは、「語られる言葉の背後に『隠された意図』があり、結末に必ず不快な感情をもたらす、非生産的な人間関係の出来事」のことです。

心理的なゲームはストロークが不足した時に行なわれ、自分が子供のころ親から得られたストロークの方法によってゲームを繰り返します。

ゲームの特徴は、まず繰り返し起こり、予想可能な結末へいたるということです。その結末とは、後味の悪い感情がただ残るだけです。心理的ゲームはいつも決まった結果になり、お互いにフラストレーションが溜まり、嫌になるまで続きます。心理的ゲームは「こじれた人間関係やパターン化された対人トラブルを引き起こす自滅的なコミュニケーション」と定義できるでしょう。

また、表面的にはAとAのやりとりに見えるが、その裏には隠されたやりとりがあり、罠やからくりが仕掛けられています。

そして、ゲームは仕掛けた本人も無意識であり、Aの気付かないところでPやCがゲームを行なっています。 “交流分析4”続きを読む

交流分析3

4.ストロークの欲求とディスカウント

ストロークとは、他の全ての人々から得られる刺激全てのことを意味します。交流分析では特に、その人の存在や価値を認めるあらゆる働きかけを意味しています。

ストロークは人間の精神の健全な発達には必要なものであり、ストロークなしには人間は生きることが出来ません。正に、「心の栄養物」といえます。

ストロークには大きく分けて2種類あります。それは、肯定的ストロークと否定的ストロークです。

肯定的ストロークとは、相手への理解と親密さに満ちた働きかけであり、幸福感と喜びを与え、相手に存在の意味や価値を感じさせるものです。人間は肯定的なストロークを貰うことによって、心が豊かに成長していきます。

否定的ストロークとは、相手を否定するメッセージであり、相手に自信を失わせ、憂鬱な気分にさせるものである。

“交流分析3”続きを読む

交流分析2

2.自我状態の分析

交流分析においては、人は誰でも自分の中に3つの心、心理的現実を持っており、これを知ることによって人間の心と行動を分析することができます。

交流分析は、人間の心を3つの部分と5つの機能で成り立っていると考えています。

交流分析1

3つの部分とは、P(Parent)=親の自我状態、A(Adult)=成人の自我状態、C(Child)=子どもの自我状態のことです。 “交流分析2”続きを読む

交流分析1

日常生活の中で最もストレスのかかるものは人間関係であると言われています。

皆さんも、人と関わっている中で、自分と他人との微妙な差異に違和感を感じると思います。それは考え方だけではなく、相手の反応、態度、仕草など細かいところからも感じます。

何故、あの人はこんな行動をするのだろうか?

良かれと思ってやったのに、あの態度はなんだ?

理由は分からないが、あの人と付き合うのが苦手だ。

今回からのシリーズでは、そういった対人関係の難しさを理解するために、交流分析という視点から、自分を知り、他者を知るということを学んでいきたいと思います。

1.交流分析の基本理論について

交流分析(transactional analysis)とは、1950年代後半にアメリカの精神科医であるエリック・バーン(Eric Berne 1910-1970)によって始められた心理療法理論です。 “交流分析1”続きを読む

WordPress.com Blog.

上へ ↑