5.原始神道のカミ観

縄文人は、豊かな感受性を持ち、ものの本質を見抜くことに長けた人々でした。彼らは、「物」の奥に隠されている本質・霊性を感じ、力ある「モノ」として尊びました。畏怖と畏敬の感情は、自分たちの生活領域に関わるモノ全てに対してありました。

いつの頃か、日本人は神聖な感情や畏れ引き起こすモノをカミと呼ぶようになりました。本居宣長は『古事記伝』において「すぐれたるとは、尊きこと善きこと、功(いさを)しきことなどの、優れたるのみを云うに非ず、悪しきもの奇(あや)しきものなども、よにすぐれて可畏(かしこ)きをば、神と云なり」[1]とカミを定義しています。

つまり、尋常ではなく偉大で、凄まじい力(エネルギー)を持っているものはどんなモノでもカミになる可能性があるということです。それも、良いものだけでなく、悪いもの、妖しい(怪しい)ものも、人間も区別なく、可畏(かしこ)ければ全てがカミになるということです。だから、日本には数えきれないほどのカミがいます。日本に八百万の神がいるとは正にこのことの故にです。

カミとは次のように考えることができます。カミとはPCの「フォルダ」と似たような概念として捉えられます。カミとは特定の決まった概念ではなく、一種の入れ物、カテゴリーです。可畏(かしこ)いモノ、尋常ではなく偉大なモノ、凄まじい勢い(エネルギー)を持っているモノを纏め、束ねる入れ物、カテゴリーがカミというフォルダなのです。

そして、このカミというフォルダに霊性・霊威・神威を表す言葉(ファイル)が入っています。例えば、「チ」、「ミ」、「ヒ」、「モノ」、「タマ」、「オニ」、「ミコト」等です。これらのファイル群は八百万ファイル群と呼ぶことが出来るでしょう。

一例を挙げます。「チ」はカグヅチ(火の神)、ミヅチ(水の神、蛇)、オロチ(大蛇)、ノヅチ(野の神)、チ(血、血液)、チチ(乳、母乳)。「ミ」はヤマツミ(山の神)、ワダツミ(海の神)。「ヒ」はムスミ(産霊)、ナオヒ(直日)。つまり、プラスのイメージであれ、マイナスのイメージであれ、日本人は可畏(かしこ)きモノを総称してカミと呼んだのです。

万葉集ですでにカミにかかる枕詞は「ちはやぶる」とされていました。「ちはやぶる」の「ち」は霊威・霊性を表す「チ」です。「はや」は猛烈な速さ、「ぶる、ふる」は振動や運動を意味しているそうです。

つまり、「ちはやぶる」=凄まじいエネルギーが猛烈な速さで振動し、運動しているモノこそカミにふさわしいということでしょう。その意味で、「チ」とはモノの奥を貫き、モノに命を与え、動かす力の源である霊性なのだと思います。

なぜなら、そもそも命(イノチ)とは、「生きたチ、息をするチ」のことであるからです。つまり、カミとは命を命たらしめ、モノをモノたらしめ、万物を万物たらしめる力そのもの、力の源を指す言葉であると考えられます。カミとは生命力と創造性の根源、命を吹き込む力の源なのであると捉えられています。「このように、神道の神とは、命の根源、存在の根拠、万物を万物たらしめる力とそのあらわれのことである」。[2]

だからこそ、縄文人は自然や自然現象、動物や人間をカミやカミのあらわれ、働きであると考捉えたのです。自然の全て、万物にカミがいると感じ取ったのです。

原始神道とは、日本列島の風土の中で自然発生的に生まれ、育まれてきた、縄文人の生き方そのものです。縄文人の生活、日々の暮らしに溶け込んだ生きる道、祈りの道なのです。

惟神の道(かんながらのみち)とは、神からの道(神からの恵みと成長の道)、神への道(神への感謝と祈りの道)、神との道(神と共に生きる道)という三つ道が交わるところにあるそうです。つまり、惟神の道(かんながらのみち)とは縄文人にとっての自然、宇宙、万物に生き生きと現れているカミの力、凄まじさを感じるところから始まります。そして、カミを畏れ敬い、その命のエネルギーによって生かされていることを感謝し、カミと共に生きます。この様な縄文人の生き方、信じ方、祈り方こそ原始神道なのでしょう。

自然の中で生活し、自然の恵みを享受し還元する循環型社会であった縄文文化だからこそ、自然と共生するという原始神道の基本原理が生まれ・育まれ、縄文人は自然という神と共に生きる道を歩めたのだと思います。

以上、宗教史的な見地からの縄文文化と原始神道についての考察でした。

 

[1] 本居宣長、倉野憲司校訂『古事記伝三』岩波文庫、1942年、P, 125

[2]山折哲雄編『日本人の宗教とは何か』太陽出版、2008年、P, 60

〈付録〉霊威を表す言葉

〈一音節で表される霊威〉

「チ」:カグヅチ(火の神)、ミヅチ(水の神、蛇)、オロチ(大蛇)、ノヅチ(野の神)、チ(血、血液)、チチ(乳、母乳)、ミチ(道)。

「ミ」:ヤマツミ(山の神)、ワダツミ(海の神)。

「ヒ」:ムスミ(産霊)、ナオヒ(直日)、マガツヒ(禍つ日)。

〈二音節で表される霊威〉

「モノ」:オオモノヌシ(大物主神)、モノザネ(物実)

「ヌシ」:オオクニヌシ(大国主神)、コトシロヌシ(事代主神)、ヒトコトヌシ(一言主神)、ミチヌシノムチ(道主貴)

「タマ」:オオクニタマ(大国魂神)

「オニ」:オニ(鬼)

〈三音節で表される霊威〉

「ミコト」:~ミコト(~命)

参考文献

山折哲雄編『日本人の宗教とは何か』太陽出版、2008年

上田正昭『神道と東アジアの世界』徳間書店、1996年

松本武彦『日本の歴史第1巻 列島創世記』小学館、2007年

佐々木高明『縄文文化と日本人』講談社、2001年

吉野裕子『山の神』講談社、2008年

広告