検索

たまにの暮らし‐tamany‐

人生いろいろ ぼちぼち生きましょう

ヶ月

2月 2017

体内記憶と対外記憶

コミュニケーションには2種類ある。

1つは生物界のコミュニケーションである。生物界のコミュニケーションはほぼノンヴァーヴァルコミュニケーションである。 “体内記憶と対外記憶” の続きを読む

広告

リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因

錦織圭選手、残念ながら地元ブラジルのベルッチ選手に敗れ、リオオープンは初戦敗退に終わりました。錦織選手の例年とは異なるシーズン序盤のクレー巡りはベストとは言えない結果となりました。 以下、SMCI指数の表です。 “リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因” の続きを読む

「救い」とは何なのか?3

「救い」とは主観的な物語

「救い」の感覚とは一体どのようなものなのだろうか?端的に言って「救い」とは信仰者による主観的感覚である。客観的に何かが変わる訳ではないし、人生におけるネガティブな状況が解決されるわけではない。 “「救い」とは何なのか?3” の続きを読む

トルコ旅行記 3日目①

3日目

この日はギョレメ妖精煙突群に行き、次にトルコ絨毯屋、三美女の岩を訪問し、コンヤに向かった。コンヤでは、3900m級の山とキャラバンの城門を見学した。 “トルコ旅行記 3日目①” の続きを読む

「救い」とは何なのか?2

「救い」の要素 不完全な人間

「救い」を成立させるには2つの要素が必要である。1つは「救い」を必要とする人間という存在は何かしら欠けていて、劣っていて、完全から遠い存在であるということを前提とするということである。

“「救い」とは何なのか?2” の続きを読む

SMCI指数の使い方と実例

1. SMCI指数の評価基準

前回の投稿で、SMCI指数の意義と特徴、導き出し方を紹介しました。

SMCI指数の特徴は、試合においてある選手が実質的にどれだけ主導権を握れており、支配的であったかを測るという点にあります。 “SMCI指数の使い方と実例” の続きを読む

トルコ旅行記 2日目

第2日目

この日はタルススに移動し、最初にクレオパトラの門(現地ではパウロの門と呼ばれている)に行き、次にパウロの井戸、キシリアの峡門、カイマクル地下都市を訪れし、カッパドキアに到着した。 “トルコ旅行記 2日目” の続きを読む

「救い」とは何なのか?1

「救い」は宗教の使命

宗教の最大にして根源的な目的は信仰者に「救い」をもたらすことだ。

「救い」を与えることが宗教の使命といってもよいだろう。そして宗教は「救い」を売りにしているといってもいいだろう。 “「救い」とは何なのか?1” の続きを読む

実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要

SMCI指標の理論的基盤

今回、実質試合支配率(SMCR)とポイント実質支配レーティング(SCRP)という試合の趨勢を分析する2つの指数を考案しました。(以下、一度紹介した用語は略語を用いて表記します) “実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要” の続きを読む

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

稼働中 ↑