通訳部分、要旨は山田勝美『全釈論語』に準拠。感想は私的解釈。

學而篇8

〈通訳〉

先生が言われた。「人の上に立つ者は、慎重に振舞わなければ威厳がなくなる。学問をすれば(視野が広くなり)偏った判断をしなくなる。誠実と信義を大切にしなさい。自分よりも劣った人と交わって(いい気になって)はならない。過失を犯したらぐずぐずしないで、すぐに改めることだ」

〈要旨〉

上に立つ人の心がけ。

〈感想〉

人の上に立つということは地位を得るだけではなく、それ以上に重い責任を担う、ということである。その自覚を欠いて権威だけを振りかざす者には威厳は宿らない。また、その様な振る舞いは周りの者からの理解を得られなくなる。

慎重に振舞うということは自分の立場と責任、周囲の人間関係などを熟慮した上で発言し、行動するということだろう。その様な振る舞いからは、自然に威厳と信頼が生まれる。

また、孔子の言う慎重な振る舞いとは、「礼」の道に則った言動をすることと捉えられるだろう。「礼」とは「仁」の心の実践・具体的表れである。逆説的に「仁」を実践するところには軽率な振る舞いは生まれないということだろう。

孔子が言っている学問をするということは、単に知識を詰め込むこととは違う。真の意味で学問をするということは、得た知識を自分のものとすることで知恵と成し、知恵を用いて物事を多角的・多面的に捉えられるようにするということである。他人の言葉を鵜呑みにせず、自分自身で判断できるようになる。つまり、学問をするということは、物事を自分自身でしっかりと考え、判断できるようになるということである。その学問の姿勢が偏った判断や考えを防ぎ、客観的な視点であったり、もっと言うならば中庸の精神を生み出すのだと思う。

人の上に立つ者は、誠実と信義を大切にしなければならない。上に立ち、権威と地位のある者は、自己中心的(自分本位)な考えを捨て、自分の責任と周りの人に誠の心をもって臨まなければならないということだろう。上の立場に立てば立つほど多くの誘惑に晒される。時として、それは自分の地位と権威を利用したホワイトカラー犯罪に結びつく場合もある。しかし、孔子は人の上に立つ者こそ、「仁」の心を忘れず、誠実な思いを持って他者と接し、偽ったり、欺いたりせずに人として真実で正しい道を歩みなさいと教えている。

自分よりも劣ったものと交わっていい気になってはならないとは、自分が何者なのか弁えよということだろう。与えられている地位・権限などは自分の本質から生まれたものなのではないということを知らなければならない。それらは付与されたものであり、仮初のものである。立場を失えば、無くなり、見向きもされなくなる。故に自分よりも劣った者と交わった時に感じられる優越感も全く空虚なものである。そんな無意味なことよりも、孔子は、「仁」の心を持つことで、自分自身を高めよと言っている。付与された地位に意味を感じ、格下と交わることで得意げになるのではなく、まず自分自身の内面に向かい合えと教えている。

最後に、人間は必ず過ちを犯す生き物である。大切なのは、過ちを誤魔化さず、取り繕わず、過ちに素直に向かい合うということである。小人は自分の過ちを他人に擦り付け、自分のミスをなかったことにしようとする。それが成功したならば、きっと一安心することだろう。外面的には取り繕えても、これらの行いからは人間的な成長は全く生まれない。君子(仁の心を持つ者)は、自分自身に向き合う者である。過失を犯したらぐずぐずしないで、すぐに改めることは結果として、より大きな過ちを防ぐことになるし、人間的な成長も得られることになる。

広告