『政府が集団的自衛権の行使に踏み切らないのは、中国や韓国の「日本は歴史を反省していない」という批判を恐れてのことである。だが、そもそも周辺事態は日米が引き起こすのではなく、中国や北朝鮮の行動に対して日米が対応することによって発生するのだ。…新しい安全保障環境のなかで、同盟国アメリカと調整して戦略転換をはかろうという気概のかけらも見られないのだ。…日本は安保条約拡大解釈を恐れて、ひたすら事態の先延ばしをはかっている。』―黒野耐『「戦争学」概論』

 

平和安全法制(マスメディアが安全保障関連法と呼んでいるもの)が成立してからもなお左翼は「戦争法反対」と叫び続けている。彼らは自分たちの主張を正義と確信し、自分たちは平和の為に戦っているのだと謳っている。自分たちの考えや行動が国際的にも認められていると勘違いしている。平和安全法制はナショナリズムの塊であり、戦争を再び起こし、周辺事態に巻き込まれ、自分の子どもを殺すような法律であると主張している。戦争法を廃止することが、他国の為であり、国際協調であり、平和の為であると言っている。

しかし、左翼の方々は自分たちの言動を見て気が付かないのだろうか。自分たちこそ自国の利益のみを追求し、他国のことなど微塵も考えない自己中心的な思想を持っているということに。

左翼の方々は、戦争というものをよく理解していない。何故戦争が引き起こされるのかということを知らない。周辺事態に巻き込まれると騒いでいるが、周辺事態は日米が引き起こすものではない。あくまで周辺国、例えば中国や北朝鮮の行動が引き起こすものであり、日米は事案が発生したならば対応しなければならない。国民の命が危機に晒された時も、国民の命をむざむざと差し出すのが本当に平和と言えるのだろうか。自分の子どもたちが戦闘員になって人を殺し、殺されるのが嫌だから平和安全法制に反対だと言っている人もいるが、見当違いな話である。日本は徴兵制ではない。自衛隊員に自ら志願する人のみが自衛隊員となるのである。いつまで戦前と現在を混同しているのだろうか。この自分本位の考え方は国防の為に命を懸けて日々訓練している全ての自衛隊員の志を侮辱している。

そして最も醜い言説は、集団的自衛権を行使することによって戦争に巻き込まれるということである。日本とアメリカは同盟を結んでいる。左翼の主張は、同盟国が危機に晒されている状況において、「自分たちは巻き込まれるのが嫌だからあなたを助けませんよ」と目の前で言って逃げることと同じである。こんな相手が本当に同盟国と言えるだろうか。米軍の兵士が志を持って命がけで戦っている時に、「巻き込まれるのはかんべん」と立ち去ることは同盟国への侮辱である。

左翼の方々の言説に従うならば日本はアメリカとの同盟を断念しなければならない。そうであるならば、日本は確実に自国を防衛するために自ら軍隊を所持しなければならない。しかし、左翼の方々は日本が軍隊を所持することにも反対する。では日本国民はどうすればよいというのだろうか。同盟を破棄したあげく、他国から侵略を受けても、一切国民の命を守らない。自分の子どもが人に殺されたくないし、人を殺させもしたくないから。こんな馬鹿げたことを左翼の方々は当然に正義として主張しているのである。左翼の方々は日本を滅ぼすつもりらしい。

左翼の主張は、自分勝手で、自分たちの利益しか考えていない卑しい考えである。彼らは自分たちだけが平和で、自分たちだけが安全であればよいと言っている。それは駄々をこねる子ども同じである。しかし、日本は国際社会の一員として、国際秩序を守っていかなければならない。国際秩序を乱すものがいれば、一致団結して立ち向かわなければない。その時「いや自分は巻き込まれたくないんで、関係ありません」ということは出来ない。そんなことをすれば国際社会からの信頼は無に帰す。自ら国際社会から離脱することに等しい。特に同盟国同士は互いを自分のことに様に守り合っていくものである。一方が危機あれば、助けに行くのが道理である。それをしたくないのであれば、もはや同盟とはいえない。

左翼の方々が叫ぶ平和とは一体どんな概念なのだろうか。この新しい完全保障環境において、何もせずに棒立ちしていれば平和が守れると思っているのだろうか。日本の国益が侵され、国民の命が危機に晒されても、なすがままにされているのが平和だというのか。本当の意味で平和を守りたいならば、国際情勢に合わせて日本も戦争を回避するために自ら積極的な行動を取らなければならない。平和とは自ら作り出していくものである。何も行動を起こさないで手に入る幻想などではない。

広告